梅雨でも危ない熱中症!!~対策法~

雨が降っていないのに、ジメジメ…。
“高温多湿”な、今年の「から梅雨」。
そんな「から梅雨」でも、“熱中症”には 注意が必要です!!
「熱中症」は、暑~い炎天下、太陽の下で起こると思われがちですが、
室内でも“高温”に なれば 起こる 可能性が あるんです。
高齢の方や 乳幼児 が いる場合、ガマンせずに クーラーなどを入れて、
室内を 涼しく保つことが大切です。
冷え過ぎもダメですが…。
特に、高齢の方は、
“温度を感じるセンサー”や
“喉の渇きを感じるセンサー”が
鈍くなっている場合が あるので、「喉が乾く」と感じる前に、
意識して、水分を補給した方が 良いと思います。

◆熱中症を予防するには◆
①こまめに水分補給をする
…コップ1杯分くらいの水を こまめに摂取するようにする。
一日 1リットル 以上は 小分けにして 摂取するようにする。
②冷たい飲み物は避ける
…冷たい飲み物は、自分が思っている以上に 飲めないことが多い。
また、冷たい飲み物を 大量に摂取すると、
体の温度が一気に下がってしまうので あまり良くない。
冷蔵庫から出して しばらく置いて、10℃くらいに 温度を上げてから
飲むようにする。
冷たい飲み物より、常温などの飲み物の方が、
たくさん飲みやすい というデータも あるそうです。
③カフェインが入っている飲み物は 避ける
…利尿作用が あるので、水分補給には 適してない。
水分の代わりには ならない。
④アルコールは 避ける
…余計に水分が出ていってしまう。

とにかく、水分補給をすることが 大切なようですね。
みなさん、熱中症には くれぐれも 気を付けて下さいね!!
[500字以上]