ジェネリック医薬品は安全か?

いつの頃からか 病院と薬局が分化して、
治療が済んだ後ももう一回、
薬局で順番待ちをしなくてはならなくなりました。

更に、薬を受け取る際にも再び症状を聞かれたりして、
具合の悪い時にはウンザリすることもあります。

タマに、
処方箋に記載されている薬の在庫がない為、
同じ成分のものを代替品としたいが…
と 打診されるのですが、否も応もありません。

最近更に、ジェネリック医薬品を選択しても良いかどうかを問われることが
あります。
処方箋の薬と成分が変わらないで、値段が安くなるという事ですから
お断りする理由はありません。

ジェネリック医薬品とは、特許が切れた先発医薬品と同等の成分で開発された
後発医薬品の事です。
医療費を削減できるという意味でも、厚労省も推奨しているようです。

ところが、件の厚労省の人はジェネリック医薬品を選ばない
なんて情報も聞こえてきました。

ジェネリック医薬品の安全性に疑問の余地があるようなのです。

ざっと理解したところによると、

特許は成分だけでなく、調剤法にもかかっている為に、
そこまでを再現することが難しいことがあります。

また、主成分の特許は切れていても、従成分の特許が切れていない為に、
同等品とは言えない事もあるようです。

或いは、薬剤成分の溶けるスピード等が微妙に異なり、
効き目も弱かったり、効きすぎたり、という事も有るようです。

薬の話ですから、厳重な統制のもとに製造されている事が前提のはずですが、
全てが国産という事もなく、
安全性は保障されている訳ではないようなのです。

我々一般人に、是非の判断が付く訳でなし、
関係各所で、しっかり見極めてほしいものです。